経営の理念・社長メッセージ

経営の理念

同業他社にくらべてモノ造りの技術が優れていることはもちろん、販売やその他全ての部門において技術的に優れていること。また、どんな優秀な設備があっても、「人の和」が保たれなくては、良いモノ造りはできないということをあらわしています。

経営の基本方針

お客さまに満足いただけるように、ひたすらサービスにつとめ、すぐれた製品を提供し、価格でも納得いただけるように合理化とコストダウンにつとめてこそ、お客さまとの間に心が通じ合うことができます。

社長メッセージ

当社は、京都・西陣でブッククロスの国産化をめざして1919年に設立されました。創業いらい、今日にいたるまで、つねに技術の向上をはかり、私たちの暮らしと文化に「豊かさ」「快適さ」をもたらす製品をたくさん送りだしてまいりました。

ダイニックの製品は暮らしのなかでしっかりと根を張っております。たとえば家庭では床材や壁材にはじまり、書籍やアルバム、銀行通帳から、衣服の内素材、乳製品にまで……。戸外に出れば、車やトラックの内装材、イベント会場のテントやカーペット、オフィスでは空調フィルタから名刺やプリンターのインクリボンにいたるまで……。これらは一例にすぎません。もともとはブッククロスと染色で出発した当社の基本技術は「コーティング」「カラーリング」 「ラミネート」「エンボス」などですが、長い歴史はさまざまな周辺技術を生みだしました。培われた独自の技術に磨きをかければ、不可能はありません。暮らしを「豊かに」そして「快適に」彩るというのがダイニックのテーマです。それゆえに、なおいっそう地球環境にやさしい企業活動につとめてまいります。

「環境」と創業いらい深くかかわってきた「情報」をキーワードにして、つねに時代のもとめる製品開発をめざします。
次の大きな節目というべき創立100周年にむかって、ダイニックだけでなく、国内・海外のグループとともに、「For The Customer」を合い言葉にして、新しいモノづくり、新しいサービスの創造をもって夢ある未来を描いてまいります。 代表取締役社長 大石義夫